ラジオ講座等を利用して
英語を学んでいる。

図書館から英語に関する
本をよく借りるけれど
「なぜ日本人は英語が話せないのか?」
こんな本がたっくさんある。

でもね、よくよく考えたら
出来ないのは英会話だけじゃないのよ。
例えばワタシは今でも
アンペアとボルトの違いが判らない。
いくら調べてもわからない。
これって確か中学生のときに学んだはず。
歴史もさっぱりわからない。
電気の仕組み?もわからない。
鎌倉時代と平安時代、
古いのはどっちか、咄嗟には言えない。
ノルウェーとフィンランドとスエーデンの
位置もわからない。

漢字は好きだったからできる。
でも古典はまったくわからない。
化学だって高校時代8点だった。

結局小学生~高校生の間で学んで
身についたことは
1 簡単な計算
2 そこそこの漢字
3 アルファベット
ハッキリ言ってこれだけ。
昔で言う「読み書きソロバン」
ホントにこれだけ。

大人になってから好きなことや
興味のあることを学び直して
ようやく身についた、と感じる。

だからなぜ、英語がやり玉にあがるのか、
納得いかない。
まぁ、入試とかは仕方ないが、
人間 本当に学ぶべきは
「どうやって学ぶか」
学ぶノウハウを知っておくことが大事だと思う。

実は本当に学ぶ必要があるのは
大人になってから。
大人なのに学ぶのを嫌がる人は
結局は世の中の食い物にされちゃうんだね。

もう人生も終わりだけど
最後まで、学び続けます。