優雅に節約生活

お金に頼らないで豊かな暮らしを自分の手で作っていきたいです。

2011年06月

 
イメージ 1
ここ何年も、糠漬けにチャレンジしてきましたが、失敗の連続でした。
 
 実家の母は名人なんですが。
 
 そもそもお漬物があまり食卓に上がりません。
 
 嫌いではなく・・・・・ご飯食べ過ぎちゃうからなんです。
 
 毎年庭できゅうりが大量に収穫出来て、困っていました。
 
 一時的な保存として、漬物にしておくってどうよ?
 
 こんな考えから、糠漬けを始めることに。
 
 しかし、何故か上手くいきません。
 
 今年も失敗しかかって、そこで最後の工夫として、密閉しないことにしました。
 
 布巾をかけて、周囲はゴムを使って止めるようにしたら、なんと順調に発酵して、見事なナスの漬けものが!!
 
 これでやっと一人前の主婦になれたような気がします。
 
 よく、最初は発酵を促すために、キャベツの外側等を使って「捨て漬け」しましょう、とあります。
 
 でも私のキッチンにはムダな野菜が存在しないので、とても困りました。
 
 すると某料理家が「きゅうりの塩もみした時の絞り汁を入れたらいい」、と言っていたので
 
 きゅうり揉みをするたびに加えていました。
 
 あとはナスのヘタとかね。
 
 この夏はこの糠床を大切に育てていきたいと思います。

この月は私や息子が何度も病院にかかりました。
 
 普段から「医療費は最大のムダ」が主義なもんで、とっても口惜しかったです。
 
 さてそんな6月の家計簿はー。
 
   食費   ¥43778
   衣料     ¥600
   雑費    ¥3296
   娯楽    ¥3620
   医療    ¥8610
 
   計    ¥59904
 
 なんと¥20096の黒字となりました~。
 
 まぁ、これは普段費だけなので、他には旅行費用やその他もろもろは支払っていますが、でも2万円の黒字は
 
 うれしいです。
 
 暑くなったのでとにかく冷蔵庫の在庫を使い切ることにしていたのがよかったみたいです。
 
 もちろん工夫もいっぱいしています。
 
イメージ 1
 
 バイトに行く娘が「小腹対策になんかない?」というので昨日の夕飯の残りの穴子ご飯をおにぎりにして、
 
 海苔の代わりに薄焼き卵で包んだものを持たせました。
 
 美味しそうでしょ?
 
 お金を渡して何か買わせてもよかったんだけど、でも使わなくて済むならそれに越したこと、ないですよね。
 
 お金のない人って、簡単にお金を使いませんか?
 
 稼ぐ大変さを思えばねぇ・・・
 
 今年の暑さも去年とおんなじくらいらしいです。
 
 家族の健康を守りつつ、節約に励みます

 さてさて今回のお楽しみのひとつが「和菓子作り体験」です。
 
 しかも直前になって「テレビの取材がきますがいいですか?」
 
 テンション上がります。
 
 場所はカラコロ工房3階、参加費¥1050とお安い!!
 
 超ベテランの職人さんが、ちょっと毒舌も交えながら教えてくれます。
 
 きちんと作ったのは2種類、簡単なように見えてきれいに作るのは難しいです。
 
 こちらは彩雲堂さんなので有名な和菓子「若草」もひとついただけます。
 
 ケースに収めると、それらしく見えませんか?
 
 イメージ 1
 
 思い残すことは少々あれど、そろそろ松江の旅も終わりです。
 
 バスの時刻まで駅のショップでお買い物。
 
 私はもちろん和菓子です。
 
イメージ 2
イメージ 3
 少し値上がりしたそうですが、大体¥158~¥178ぐらいです。お安いですねぇ・・・
 
 彩雲堂さんが、新しくなった大阪駅の商業施設に入っているそうです。
 
 値段がちょっと気になりますね。
 
 食べて飲んで買ってのお楽しみ満載の松江の旅でした。おつかれさま~。
 
 あっ、テレビはその後2週間ほどしてから放映されました。
 
 友人のインタビューは採用されませんでしたが、ちょこっと写っていましたね。
 
 しっかり年相応に写っていました・・・・・

お城はちょこっとみただけ。
 
お次は島根美術館へ夕日を・・・・・ってお天気悪いじゃん。
 
 仕方ないですね。
 
 ショップで何かお土産でも見ようか、と行ってみたら「赤塚不二男展」をやっていました。
 
 最初は興味がなかったのですが、中に入って「ニャロメ」を見たとたん、
 
 「きゃ~ニャロメってこんなに可愛かったけ
 
 お金払ってまで見たいとは思わなかったので、ニャロメグッズだけ買って、あとは写真撮りまくり!!
 
 ついでにバカボンのパパの着ぐるみとツーショット。
 
 
イメージ 1
 またまたバスに乗って本日のお宿「なにわ一水」さんへ。
 
 ここは以前旅雑誌で紹介されてから、一度は泊まってみたいお宿だったんです。
 
 もっと新しいのかと思ったら本体は結構古いですねぇ。しかしスタッフさんの対応はさすがです。
 
 今回こちらのお宿はネットから、土曜日限定でかなりお安く取れました。
 
 でもお安いだけあって食事は、多分、たぶんねちょっとランクが下っぽい。
 
 私たちには十分でしたが、まぁこの価格ならですね。
 
イメージ 2
 
 
イメージ 3
 
 最近の私は丁寧に1品ずつ出てくるスタイルが苦手になってきました。
 
 自分のペースで食べたいんです。
 
 お風呂は良かったですぅ。
 
 翌朝、お天気は少し悪化。今日はお買い物デー。
 
 まずはつい最近できたという「松江歴史館」へ。
 
 ここは併設されたショップがお目当てです。
 
 喫茶コーナーでは朝もはよから、和菓子づくりの実演をしています。
 
 販売もしていますが、ここのは高い!!でもステキです。
 
 このこいのぼりの和菓子がめっちゃ可愛くて、
 
イメージ 4
 あとで買おう、と思っていたら団体さんが次から次へと来て、あっという間に売り切れてしまいました{グスン}
 
 仕方なく他の和菓子とコーヒーをいただきます。
 
イメージ 5
\ 700でした。ここは畳の席もあります。
 
 向かいのショップで自分のお土産を買います。
 
 カラコロ工房で娘へのお土産を買います。
 
 お昼は予約していたお店でしたが、なんでも午後から貸切のイベントが入っているので早く来てくれと催促。
 
 だったら予約取らなきゃいいのに、おまけに楽しみにしていたメニューもなくなっていました。
 
 お客は私たちだけ。なんで予約受けたのか不思議でなりません。やたら急がされてしまい、ちょっとがっかり。
 
 お天気大丈夫かな~。
 

美味しい出雲蕎麦をいただいたあとは、そのまま「李白酒造」さんまで歩いて、試飲と買い物。
 
 そしてバス通りを少し戻って堀川めぐりです。
 
 今回初めて知ったのですが、この船、乗り降り自由、一日乗り放題のようです。
 
 そこで大手前から乗り込み、ふれあい広場で一度下船、そして念願の地ビール館へ。
 
 雨なのが非常に残念、お天気がよければ外のパラソルの下で楽しめたものを・・・
 
でもビールは美味しくて、あんまり得意でないビールですがあっという間に飲み干してしまいました。
 
 そして多少千鳥足になりながら、今度はお団子屋さんへ。
 
 こちらはイートインもできます。
 
 月替わりのお菓子は「ワカメ大福」、ちょっと手が出ませんが他の色々なお団子は買ってお店でいただきました。
 
 お値段もお手頃
 
イメージ 1
 
 さて、来た道を戻って、また遊覧船に乗り込みます。
 
 今度は、エライ賑やかな昔のお姉さま達が先に乗っていました。
 
 どちらから?滋賀から。おぉ~関西人ですか、もう皆勝手にしゃべるしゃべる。
 
 ガイドさんの案内なんか、無視ですなぁ。
 
 そこへカラコロ乗り場から関東からのほんまものの、若いお嬢さんが2人乗り込んできましたが、関西の
 
 おばちゃんの団体にウンザリしたのか次の大手前でさっさと降りてしまいました。
 
 今回の旅の目的のひとつが、お堀にかかる橋をみ~んな歩いて渡ること。でもお天気が悪くて・・・
 
 次のお楽しみかな。
 
イメージ 2
 
 さて私たちも降りて、再びバスに乗ることにしましょう。

このページのトップヘ